ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全!予防法や対処法は?

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全って何?

「なんか指に皮が残ってるみたい・・・」

「脱皮後から目を開かないんだけど・・・」

爬虫類にとって脱皮はよくあることなんですが、脱皮不全って言葉を聞いた人はよくわからないって人も多いんじゃないでしょうか。

あまり知られていませんが、脱皮不全になると重篤なことになりかねない可能性も出てきます。

うちの子が初めて脱皮不全になった時は正直、焦りました(^^;

予防法や対処法を知っていれば大丈夫なので安心してください。

しっかりとした知識を持っていれば防げることもたくさんあるので、今回はヒョウモントカゲモドキの脱皮不全に対する予防法や対処法を紹介していきますね。

 

スポンサーリンク



 

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全とは?

ヒョウモントカゲモドキは爬虫類に多くみられる脱皮を行います。

脱皮は赤ちゃん(ベビー)から定期的に繰り返され大人(アダルト)になっても定期的に繰り返されます。

ちなみに脱皮頻度に関しては別の記事にまとめてあるので読んでみてください!

関連記事はこちら↓

ヒョウモントカゲモドキの脱皮頻度や期間はどれぐらい?準備することってある?

 

脱皮は鼻先から白っぽくなり、やがて全身が白っぽくなると脱皮します。

初めて見る人は「白!!」って思うぐらい白っぽくなりますよ!

基本的に脱皮した皮は食べちゃうんですが、脱皮した皮がいつまでも体に付着している状態を脱皮不全と呼んでいます。

 

脱皮は夜間にすることが多く、脱皮している姿はあまり見かけることがないですが、脱皮が終わった後にうちの子もよく皮がついているので結構な頻度でおきますよ。

ヒョウモントカゲモドキを飼うのであれば知っておきたいことですね!

 

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全はどこに起こりやすい?

ヒョウモントカゲモドキ,寿命

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全が起きやすい場所は指先と瞼です。

指先はよくうちの子も起きるので、飼っている人からしたら多い症状の一つではないでしょうか?

指先に関しては放置していると壊死してしまいかなり危険なので、対策をしてあげてくださいね。

また瞼に起きてもかなり危険です。

脱皮した皮が瞼の内側に入り、硬くなって目が開かなくなってしまうこともあります。

そうなると餌を見つけることができないので、最悪の場合、餓死してしまうこともあるんです。

ペットを飼うってことは、しっかり観察してあげて体調管理を意識してあげることが大事ですね!

 

スポンサーリンク



 

ヒョウモントカゲモドキが脱皮不全にならないための予防法

湿度を上げる

ケージないの湿度は40〜60%ぐらいが適切ですが、脱皮するときは湿度をあげてあげることが重要です。

脱皮前の湿度は70%ぐらいになるように、霧吹きを多めにかけてあげたりしてあげてください。

冬場は乾燥しがちで20〜30%ぐらいになりやすく、霧吹きだけでは上がらないことがあります。

その場合は、ケージの中に水苔などを入れてあげるといいですよ。

 

温度管理

ヒョウモントカゲモドキは暖かい地域に生息している生物です。

寒くなると活動量が低下してしまい、あまり温度が低すぎると場合によっては冬眠さえしてしまいます。

そこまでいかないにしろ、寒いと活動量が下がってしまい、脱皮の途中で古い皮を脱ぐことを諦めてしまうこともあります。

活動量が落ちないよう、冬場に入る前にパネルヒーターを入れて温度が下がらないように工夫してきましょう。

ストレスを与えない

ヒョウモントカゲモドキに限らず生物は強いストレスに弱いです。

環境が変化した直後や過度に接触させられた後などは疲れてしまうのか、脱皮をやめてしまい脱皮不全に陥ることもあります。

脱皮前の状態であるなら、ケージの位置を変えたり、掃除をしたり、ハンドリングなどせずにそっとしておいてあげてください。

 

ヒョウモントカゲモドキが脱皮不全になってしまった時の対処法

温浴

いわゆるお風呂ってやつですね(笑)

私たちがヒョウモントカゲモドキにしてあげられる唯一の治療法といっても過言ではありません。

脱皮した後、特に指先に残っているのであれば特に効果的です。

お湯の温度は30〜35℃程度で、あまり熱いと火傷してしまうかもしれないので注意してください。

間違っても熱湯を使ってはダメですよ!

綿棒でとる

温浴した後、残っている皮を綿棒で取ってあげます。

ピンセットでとる人もいますが、間違えて生態を傷つけてしまう可能性があります。

そのようなことがないように、綿棒でゆっくり取ってあげましょう。

 

ちなみにうちの子は、よく指先に皮が残ってしまうので温浴させてあげますね!

お風呂で一緒に入って、洗面器にお湯を指先がつかるぐらい入れてあげてます。

すぐに緩くなるので、こまめにお湯を交換しながらやっていますが、私がお風呂に入っている間ぐらいの時間で十分かなって思います。

そのあと綿棒で優しくとってあげます。

指先の皮をとろうとするとけっこう嫌がるんですが、無理ない範囲でとってあげてくださいね。

ちょっと赤くなってしまうこともありますが、多少赤くなるぐらいは大丈夫ですよ。

とはいえレオパにとってはストレスになっているので、その後はゆっくりさせてあげてくださいね!

 

ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全!予防法や対処法は?のまとめ

まとめ
  • ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全とは、体の一部に脱皮した皮が残ること!
  • ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全は指や瞼に残りやすい。
  • ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全の予防法は「湿度を上げる」「温度管理」「ストレスを与えない」
  • ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全で指先の対処法は「温浴」して「綿棒でとる」

 

今回は、ヒョウモントカゲモドキの脱皮不全の予防法や対処法について紹介していきました。

脱皮不全はよくあることなのですが、放置してしまうと大変なことになってしまうので、しっかりと観察してあげてくださいね。

やっぱりペットを飼う以上、毎日のチェックは欠かさない方がいいと思います。

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です