ヒョウモントカゲモドキの餌の頻度は?与えすぎには要注意!

ヒョウモントカゲモドキの餌ってどれぐらいの頻度で与えればいいのか気になりますよね!

実際どれぐらい食べるの?

与えすぎたらどうなるの?

そんな気になる人も多いかと思います。

今回はヒョウモントカゲモドキに与える餌の頻度について紹介していきますね!

 

スポンサーリンク



 

 

ヒョウモントカゲモドキの餌の頻度は?

ベビーやヤング・アダルトによっても与える量や頻度が違ってくるんです。

ただこれだけペットとして飼われているので平均的にこれぐらいと言われているものは多くあります。

参考にしてみてください。

ベビーの頃は食べれるだけあげる!

ベビーの頃は毎日でも餌を食べます。

その子が食べたい量だけ与えても大丈夫です!

まだ赤ちゃんなのでとにかく成長しなければなりません。

やっぱりよく食べる子は餌を食べなかった子よりも元気に育つし、丈夫で体も大きくなりやすいです。

うちの子は、毎日与えて生後半年に回に行ったペットショップに連れて行ったらアダルトですかって言われましたよ(^^;

ピンセットで餌を顔の前にやってあげると興味を示しているときは食べ、興味を示さなければ食べなくなります。

これを繰り返しているとある程度、食べる量がわかるようになるので参考にしてみてください!

ヤング・アダルトは2〜3日に1回

生後3ヶ月〜半年ぐらいからベビーからヤングと言われます。

見た感じでけっこう大きくなってきたな〜って感じぐらいですかね。

それぐらいから餌を毎日食べなくなってくるので、2〜3日に1回に切り替えてください。

 

ヒョウモントカゲモドキの餌の量の目安

ミルワーム・ジャイアントミルワーム

ミルワームはかなり小さいので、大体10〜15匹ぐらいが程度な量かと思いますが、ピンセットで一つづつ与えるのはかなり大変です。

餌用のお皿(内側に反り返ったお皿)が売っているので、そちらを使って与えてあげるとミルワームも逃げ出さずにレオパが好きなときに食べれるでしょう。

ジャイアントミルワームはミルワームより大きいので、半分ぐらいが適切かと思います。

 

スポンサーリンク



 

コオロギ

コオロギを与える量の目安は4〜6匹です。

ただこちらも個体によるところがあるので、はっきりとは言い切れません。

コオロギのサイズはレオパの頭よりひとまわりほど小さいぐらいの大きさがベストです。

人工餌

人工餌は種類にもよりますが、栄養価は比較的高いので少しだけ少なめでも大丈夫です。

生き餌に比べ消化がいいものが多いので、餌を与える頻度がやや早くなる傾向があります。

ただ与え過ぎると太ってしまうので注意してください。

 

餌の量や頻度は個体による差がある!

全体を通して言えるのは、個体によって食べる量や頻度が変わってくるということです。

たくさん食べる子もいれば少食な子もいます。

餌を与える量は、一度与えてみてその食べる量を確認してみるといいでしょう。

頻度に関しても、週2〜3回ですが与えてみた様子から判断しても大丈夫だと思います。

うちの子は週に1回5〜6匹与えています。

週の途中で与えても食べないこともあるので、こちらの都合で分かりやすく土日に与えるようにしています。

餌が多い少ないは個体が太ってきたか、尻尾が痩せているのかで判断すれば大丈夫ですよ!

 

ヒョウモントカゲモドキの餌の与えすぎに要注意!

当たり前ですが、餌を与え過ぎることは要注意です!

どんな生物でも食べ過ぎると太って肥満状態になります。

よく食べる子は頻度も多くなるので過度に食べてしまって肥満になってしまう可能性があります。

レオパの生態を考えると、尻尾に栄養を貯めないといけないぐらい栄養を溜め込むって考えたら、もともと餌を食べる頻度っていうのは少ないんじゃないでしょうか?

生物上、餌が食べれない生活をしているライフスタイルだったから尻尾に栄養を貯めこむように進化したと考えるなら多少、少なめなイメージでもいいのかなって思っています。

 

ヒョウモントカゲモドキの餌の頻度は?与えすぎには要注意!のまとめ

まとめ
  • ヒョウモントカゲモドキの餌の頻度は個体による差、ベビー、ヤング、アダルトによって違う。
  • ヒョウモントカゲモドキのベビーは与えれるだけ与える。
  • ヒョウモントカゲモドキのヤング・アダルトは週2〜3回が目安。
  • ヒョウモントカゲモドキの餌の量の目安はミルワーム10〜15匹、コオロギ4〜6匹
  • ヒョウモントカゲモドキの餌は個体による差が大きいので観察しながら判断。
  • ヒョウモントカゲモドキの太り過ぎに注意!

 

今回はヒョウモントカゲモドキの餌の頻度について紹介しました。

最初に飼い出したときって全くわからないものですが、一緒に生活しているとどれぐらい食べるか自然と変わってくるものですよ!

それが健康なのかどうなのかの指標にもなるし、いろいろ試してみるのもいいかもしれませんね!

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です