ヒョウモントカゲモドキが自切してしまったら?再生尾の特徴は?

ヒョウモントカゲモドキが自切したらどうなるのか?

よく「蜥蜴のしっぽ切り」といいますが、尻尾が切れてしまったらどうなるのか気になりますよね。

ちゃんと注意して飼っていれば自切することはありません。

また自切したとしても原因や対処法を知っていれば、その後も回避できることです。

今回はヒョウモントカゲモドキの自切や再生尾について紹介していきますね。

 

スポンサーリンク



 

ヒョウモントカゲモドキの尻尾の役割は?

プリッとしていた可愛いレオパの尻尾は、普通の爬虫類と違って特徴的ですよね!

野生で生活するレオパにとってエサを必ず食べることができない環境で育っていました。

そのためエサが見つからない時のために、尻尾に栄養を蓄えるためにぷっくりとしています。

飼っているレオパの栄養状態を把握するためにも役立ちます!

レオパの尻尾の太さと首と同じ太さであれば、レオパの栄養状態がいいってことなんですよ!

また自らの身を外敵から守るため自切して、自らの身を守ることをします。

そんな栄養がしっかり詰まった尻尾を自切するってことは、レオパにとって鬼気迫る状態だったということになりますね!

 

ヒョウモントカゲモドキが自切してしまう原因は?

自切してしまうトカゲ、しないトカゲがいる?

トカゲのイメージって「尻尾を切って逃げる」みないな印象ありますが、トカゲの仲間にも尻尾が切れない種類も存在します。

  • オオトカゲ
  • アガマ
  • カメレオン

これらの仲間には、尻尾が切れるような構造はしていないので、何かあったとしても自切することはありません。

自切のプロセス

自切は、尻尾のどこでも起きるってわけではありません。

実は「自切面」といって、尻尾には切れる場所が存在しているんです。

なんとなくなイメージで、尻尾の骨と骨の間が自切面では無いかなって思いがちですが、実際は、尻尾にある椎体という骨の中央部が自切面です。

不思議なことに、そのまわりの筋肉や脂肪組織も隔膜があって自切しやすい状態になっています。

自切については科学的にまだわかっていないことも多く謎が多く含まれています。

まだまだ謎が多い爬虫類の生態は興味を引かれますよね!

自切後の再生プロセス

自切後の尻尾の再生は、傷が治っていく治癒と尻尾としての器官再生が同時に進行していきます。

人の組織と同じ上皮組織が傷口を覆っていきます。それと同時に組織の下に血管が張り巡らされます。

被膜が覆われると、再生尾が伸びていきます。

神経や血管が構成されていき、筋繊維が構成されて徐々に元に戻っていきます。

完全に元の状態に戻ることはありませんが、無くなった部分が再生するとか人間にもあったらいいなって思ってしまうのは私だけでしょうか?

自切による影響はある?

自切はレオパにとって自分の身代わりを作って、敵から逃げるための策です。

レオパの尻尾には栄養が溜め込んであるため、尻尾が切れると溜め込んでいた栄養を捨てることになります。

自切したあと自分のエサが食べれないと餓死する危険もある状態になってしまいます。

また無理に尻尾が引きちぎられたりすると、出血で出血死する可能性だってあります。

飼育している個体にとってはエサは困らないかもしれませんが、野生のレオパにとってはかなり危険な行為と言えますよね!

 

スポンサーリンク



 

ヒョウモントカゲモドキの自切をさせない方法は?

自切させないハンドリング方法!

自切が多いタイミングはレオパを掴んだりする際や、ハンドリングの最中!

  • 驚かせない
  • ゆっくり掴む

このような方法が基本です。

よく間違えるのは、背中からつかもうとしたり、尻尾だけを掴んでしまうこと!

これはかなり自切の可能性があるので注意してください。

ラクマの正しい持ち上げ方は、お腹のほうから指を入れて全体を持ち上げていきます。

持ち上げた後もゆっくりと移動させて驚かせないように注意してあげてください。

ハンドリング中、レオパが急に動いたりすることもありますが、頭や尻尾は掴まないように注意しましょう!

うちの子も、ハンドリング始めた時はよく動き出すので怖かったですが、慣れてくると手のひらで動かなくなってきました。

自分もレオパも徐々に慣れてくると思うので慌てずハンドリングしていきましょう。

 

ヒョウモントカゲモドキが自切してしまったらどうすればいい?

自切させてしまった時の対処法

レオパが自切してしまったら、ケージ内をきれいに保つ必要があります。

なんと言っても尻尾が千切れてしまったということですからね。

清潔な環境にして温かい目で見守って仕上げてください!

ただし切れた尻尾の根本を消毒したりする必要はありません。

また栄養が詰まった尻尾が切れてしまったわけですから、しっかりと栄養のあるものを食べさせてあげてくださいね。

中途半端に千切れた場合でも、対処法としては同じです。

ただ不安なようであれば動物病院に連れて行ってあげてください。

自切後の再生尾はどんな状態?

自切後は徐々に尻尾が再生していきます。

ただし自切する前とあとでは尻尾は異なっていることが多く、形状や色彩が変わってくることが多いです。

可能な限り自切しないよう注意を払っておいた方がいいでしょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの自切は防げる?

ヒョウモントカゲモドキ,なつく

自切させてしまった原因を考えて!

レオパの自切は、自分の栄養が詰まった尻尾を千切ってしまう行為です。

尻尾が再生したとしても、再び同じことがならないよう原因を考えてあげてください。

考えられる原因としてこのようなことはありませんか。

  • ハンドリングに原因があったのか?
  • 掴み方に原因があったのか?
  • ケージの近くに大きな音が出るものがあるのか?

ハンドリング中、逃げようとしているのに無理に掴んでしまうと、びっくりして自切してしまう可能性があるようです。

またレオパは上から掴まれることに恐怖感を感じることがあります。ケージが上からしか掴めないことが原因かもしれませんね。

ケージの近くにテレビなど大きな音が出るものが置いてあると、音に反応して自切するってことも考えられます。

これらの原因が全てではありませんが、考えられる原因は無くして行った方がいいかもしれませんね。

 

ヒョウモントカゲモドキが自切してしまったら?再生尾の特徴は?のまとめ

まとめ
  • ヒョウモントカゲモドキの尻尾の役割は栄養をため込むこと!自切して自らの身を守る!
  • 自切してしまうトカゲとしないトカゲがいる!
  • 自切により栄養がなくなりがしをするリスクがある。
  • ヒョウモントカゲモドキの自切をさせない方法はハンドリングなど掴む際に、驚かせない、ゆっくり掴むことがポイント!
  • ヒョウモントカゲモドキが自切してしまった時の対処法はケージ内をきれいに保つ。
  • 自切後の再生尻は自切する前と形状や色彩が変わっている。

 

今回は、ヒョウモントカゲモドキの自切と再生尾について紹介していきました。

うちのゆずも飼い始めてから4年になりますが、一度も尻尾が切れたことありません。

自切については注意していれば回避できることなので、自切させないよう注意して飼育してあげてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です